HOME > 耳よりな話 > アーカイブ > 自律神経

耳よりな話 自律神経

科学も認める《はりのチカラ》②

鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用




 鍼を皮膚から刺し入れ、その下の筋肉層まで刺し込むーこうした鍼治療の手順は皮膚および筋肉内の休診性の(末梢から中枢へ向かう)感覚神経を刺激していると考えられます。感覚刺激に反応する脊髄から中枢神経に無核経絡は、主に「脊髄視床路」で構成されています。痛覚、触覚、振動覚等の知覚神経の刺激は、さらに大脳の知覚中枢に送られます。加えて「脊髄視床路」は「延髄」「中脳水道周囲白質」「視床下部」などにも分枝を投射して、これらと連絡しています。このような神経経路を基点にして、鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用を考えていきます。
 

鍼治療の自律神経調節作用


  延髄にある細胞群「孤束核:Nucleus  Tractus  Solitarius(NTS)」は、循環器系、呼吸器系、胃腸系からおくられてくる求心性内臓情報を中枢に伝える”中継”の働きをします。最近の研究では皮膚からの知覚を受け取り中継していることもわかってきました。「孤束核」は、内臓機能の調整に大きな役割を果たしている迷走神経(副交感神経の別名)の起源である「迷走神経背側核:Dorsal  Motor  nucleus  of  Vagi(DMV)」に隣接していおり、一方で、脳幹にあり交感神経の起源である「延髄吻側腹外側野(Rostral  Vevtrolateral 
Medulla(RVLM)」にも投射して繋がっています。
 この孤束核が鍼刺激によってひとたび興奮すると、延髄にある「迷走神経背側核」「延髄吻側腹外側野」の両方、あるいはどちらかが活性化して、自律神経(副交感神経と交感神経)機能が変化を受けます(図a)。これが自律神経調節の働きにつながっていると考えられます。
 

鍼治療の抗ストレス


 
 動物実験の結果は、ストレスのもたらすさまざま生理反応を鍼刺激が変化させることを教えています。ラットや犬にストレスを与えると、交感神経活動が増加し、反対に副交感神経活動は低下します。例えばラットは身体を拘束しストレスを与えると、胃運動は低下し、反対に大腸運動が増加します。このとき足の三里(膝下の反応点ツボ)に鍼刺激をすると、低下した胃運動や増加した大腸運動が正常に戻っていきます。犬に大音量の雑音を聞かせるストレス(音響ストレス)を与えると、胃の空腹期の収縮運動が完全に停止してしましますが、これも足の三里に鍼刺激をすると、音響ストレスによる障害がなくなり、収縮運動が回復します。足の三里に鍼刺激をすることで、ラットの場合も犬の場合も、高かまっていた交感神経活動が低下し、低下していた副交感神経活動が高まります。これは、鍼刺激が副交感神経を興奮させ、ストレスに曝(さら)されていても交感神経の緊張を抑制して、損なわれていた胃腸運動を回復させることを示しています。
 「視床下部」から放出されるオキシドシンは、「副腎皮質刺激ホルモン放出因子;Corticotropin releasing facor(CRF)」の発現を阻止することで抗ストレス効果を発揮します。鍼治療の抗ストレス効果は、鍼が視床下部を刺激して、オキシドシンの発現が促され、それによって調整されているものと考えられます(図C)。慢性ストレス負荷後の鍼治療では、視床下部でオキシドシン細胞が増え、CRF細胞が減るのが確認されています。その結果、慢性ストレスに曝(さら)されていても、内臓の機能異常が見られなくなります。また「
強い不安感」「ストレスがうまく処理できない」「人をうまく付き合えない」などの特徴がある「外傷後ストレス障害;Posttraumatic stress disorder(PTSD)」ですが、最近の臨床試験の結果によると、こうした「外傷後ストレス障害」を罹(かか)った患者の治療にも、鍼治療が有効であることが報告されています。
 

足の三里にみられる鎮痛効果


 痛みを和らげる効果(鎮痛効果)には、オピオイドを放出する神経細胞の働きが重要です。脊髄から脳へ伝えられる「痛み」の情報は、延髄のレベルで「中脳水道周囲灰
 白質(Periaqueductal Gray;PAG」から放出されているオピオイド神経によって抑制を受けます。これを「オピオイドの下降性抑制」と呼んでいます。
 鍼治療による鎮痛効果は、鍼の刺激を受けて起こる内因性のオピオイドによって調整されていることが以前から確認されています。直腸の伸展による激しい痛みが、足三里(下肢)への電機鍼治療で減弱するとこは犬の実験で確認されていますが、オピオイド受容体の働きを抑える「ナロキソシン」を実験の前にあらかじめ投与しておくと、電気鍼の鎮痛効果が消失します。このことは、足三里への電気鍼治療で内臓痛が減弱するのは、中枢のオピオイド神経が働くことを意味しています(図b)。
(「公益法人 日本鍼灸師会」)



心が折れた。メンタルが弱い。

メンタル黄色信号のサイン


心が折れた。メンタルが弱い。と思うことはありませんか?

ストレスや不安の多い時代、メンタルのセルフチックをしてみませんか?

 メンタル黄色信号のサイン

        □首のこわばり、しなやかに動かない

  □ストレートネック気味である

  □みぞおち周辺が固い

  □手指がしなやかに反らない

  □頭皮が軟らかすぎて、ニュムニュとむくんでいる

                    etc・・・

急に怒りっぽくなったり、急に落ち込みやすくなったり、メンタルのバランスが突然とりづらくなったなら、体のどこかが弱っているかも。

メンタルの不調に敏感でいることが、身体のケアにもつながります。 (『温ツボ健康法』MAGAZINE HOUSE MOOK)

心へしなやかにアプローチ


経絡治療は、エネルギーラインである経絡にハリときゅうでソフトにツボ刺激し、

身体の黄色信号のサイン、こわばり・こり・みぞおち周辺の固さほぐし、頭皮が軟らかすぎて、ニュムニュしているむくみを取っていきます。

身体の内側から治療する経絡治療は、心もしなやかになるようにアプローチをします。



頭痛と自律神経失調症

  
頭痛の訴えで来院される、ほぼ全員の方が「頸」がガチガチ・・・
ハリ・灸の治療で「頸」のガチガチを解消すると、血液の循環が良くなり、自律神経が整い、血液やリンパの流れが良くなって頭痛が改善。
         
  

頭痛の訴え





何らかの病気が原因で急激に起こる頭痛は、「二次性頭痛」になります。二次性頭痛は、突然の頭痛や
今までに経験したことのない頭痛が特徴ですが、脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血などの前兆として出現し
ているものもあり、注意が必要です。その場合は、医療機関への受診をお薦めします。



ここでは鍼灸治療の対象となる「一次性頭痛」の偏頭痛や緊張性頭痛をみていきましょう。
 

《偏頭痛》

こめかみや眼のあたりが「ズキズキ」と脈打つように痛むのが特徴です。 片頭痛は20~40歳代の女性に多くみられる頭痛で、 強い痛みのせいで日常生活に支障をきたす人もいます。
片頭痛の詳しいメカニズムは解明されていませんが、脳の血管が拡張し、
その周囲の三叉神経が刺激されて生じると考えられています。
血管の拡張に関連するとされているのが、セロトニンという神経伝達物質です。
頭痛が起こる前兆としてキラキラした光が見える、
こめかみから目のあたりにかけて痛む、
心臓の鼓動に合わせてズキンズキンと痛む、またはガンガンする、
光や音で悪化する、めまいや吐き気がするなどが片頭痛の特徴的な症状ですが、
現れ方には個人差があります。
片頭痛が起きる数日前や数時間前から、生あくび、イライラ、
空腹感などの体調変化を感じる人もいます。
片頭痛を引き起こす要因としては、ストレスをはじめ、急激な気圧や気温の変化、
騒音や人混み、睡眠不足や睡眠過多などが挙げられます。
チョコレートやピーナッツなどの特定の食品が片頭痛のきっかけとなるといわれていますが、
仕組みはよくわかっていません。
アルコールは、血管を拡張させることで片頭痛を誘発すると推測されています。
女性の場合は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下する排卵時のほか、
月経(生理)の数日前から月経期にかけて起こることもあります。
    

《緊張性頭痛》

筋収縮性頭痛とも言われ「頭を鉢巻きでギューツと締め付けたように痛い」「へルメットをかぶったように痛い」「頭がずーんと重い」のが特徴です。
緊張型頭痛は、デスクワークや運転などで同じ姿勢を長時間続けた場合に、こめかみの部分にある側頭筋(そくとうきん)や、首から肩に広がっている後頸筋(こうけいきん)や僧帽筋(そうぼうきん)などの痛みやこりによって起こると考えられています。PC、スマホ時代の近年、頭痛と言われる多くのものはこの緊張性頭痛だとも言われております。

また、ストレス、緊張、不安、うつ状態といった精神的な不調も、脳が痛みを敏感に感じる原因となっている
可能性もあります。
緊張型頭痛を改善するには、心身のリラックスが基本です。
同じ姿勢をとり続けるのを避けて首や肩がこらないように注意するほか、首や肩の冷えを防いで血流が悪化し
ないようにする、ぬるめのお風呂につかってストレスを解消するなどが効果的です。

《自律神経失調症からの頭痛》

当院にも、自律神経のみだれから、自律神経失調症だと診断されましたという方が多く訪れます。
その方々の共通点は、ほとんどが「頭痛」を訴えています。
それはなぜでしょうか?

自分の意志では、動かすことができない神経、人の意志から独り立ちしていることから“自律神経”と名付けられています。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、それぞれ相反する働きを持ちバランスを保っています。


自分の意志で、心拍数を早めたり、胃腸を動かしたり、血圧の上げ下げなどは出来ませんよね?

自律神経は、健康な体の維持をするために「五感」「感情」といった高性能なセンサーで自動的に働き、体のバランスを保っています。
交感神経は、心蔵の動きを速くしますので、血管が収縮し、血圧が上昇してアドレナリンを分泌を促し、体の働きを活発にします。
それに伴い、今度は副交感神経が刺激を受けて血管が拡がり、血液の循環が良くなります。その結果、血液やリンパの流れも良くなり、体の抵抗力が増して健康につながっていきます。

現代医学的には、先述の偏頭痛も緊張性頭痛も多くは血液の循環の問題と言われています。

自律神経の働き

これらを支配しているのは自律神経です。
となると、言うまでもまくストレスを多く感じる現代社会においては、自律神経のバランスを整えるのは必須であり、最優先といっても過言ではないでしょうか?






はり・灸で「頭痛」の改善

偏頭痛に対しては、拡張した血管を少し収縮させるために「交感神経をやや優位」にし、筋収縮性頭痛ではまずは全身の余分な筋緊張を解き「交感神経の過緊張状態を解く」といったハリ・灸の治療を当院で行います。

頭痛の訴えで来院される、ほぼ全員の方が「頸」がガチガチ・・
はり・灸の治療で「頸」のガチガチ解消!
「頸」のガチガチを解消すると、血液の循環が良くなり、大抵の方は解決されるようです。
はり・灸の微細な刺激によって自律神経が整い、血液やリンパの流れが良くなって頭痛が改善されていきます。


 

1

« メンタル | メインページ | アーカイブ