HOME > 耳よりな話 > アーカイブ > 健康

耳よりな話 健康

科学も認める《はりのチカラ》②

鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用




 鍼を皮膚から刺し入れ、その下の筋肉層まで刺し込むーこうした鍼治療の手順は皮膚および筋肉内の休診性の(末梢から中枢へ向かう)感覚神経を刺激していると考えられます。感覚刺激に反応する脊髄から中枢神経に無核経絡は、主に「脊髄視床路」で構成されています。痛覚、触覚、振動覚等の知覚神経の刺激は、さらに大脳の知覚中枢に送られます。加えて「脊髄視床路」は「延髄」「中脳水道周囲白質」「視床下部」などにも分枝を投射して、これらと連絡しています。このような神経経路を基点にして、鍼治療の自律神経調節・抗ストレス作用、鎮痛作用を考えていきます。
 

鍼治療の自律神経調節作用


  延髄にある細胞群「孤束核:Nucleus  Tractus  Solitarius(NTS)」は、循環器系、呼吸器系、胃腸系からおくられてくる求心性内臓情報を中枢に伝える”中継”の働きをします。最近の研究では皮膚からの知覚を受け取り中継していることもわかってきました。「孤束核」は、内臓機能の調整に大きな役割を果たしている迷走神経(副交感神経の別名)の起源である「迷走神経背側核:Dorsal  Motor  nucleus  of  Vagi(DMV)」に隣接していおり、一方で、脳幹にあり交感神経の起源である「延髄吻側腹外側野(Rostral  Vevtrolateral 
Medulla(RVLM)」にも投射して繋がっています。
 この孤束核が鍼刺激によってひとたび興奮すると、延髄にある「迷走神経背側核」「延髄吻側腹外側野」の両方、あるいはどちらかが活性化して、自律神経(副交感神経と交感神経)機能が変化を受けます(図a)。これが自律神経調節の働きにつながっていると考えられます。
 

鍼治療の抗ストレス


 
 動物実験の結果は、ストレスのもたらすさまざま生理反応を鍼刺激が変化させることを教えています。ラットや犬にストレスを与えると、交感神経活動が増加し、反対に副交感神経活動は低下します。例えばラットは身体を拘束しストレスを与えると、胃運動は低下し、反対に大腸運動が増加します。このとき足の三里(膝下の反応点ツボ)に鍼刺激をすると、低下した胃運動や増加した大腸運動が正常に戻っていきます。犬に大音量の雑音を聞かせるストレス(音響ストレス)を与えると、胃の空腹期の収縮運動が完全に停止してしましますが、これも足の三里に鍼刺激をすると、音響ストレスによる障害がなくなり、収縮運動が回復します。足の三里に鍼刺激をすることで、ラットの場合も犬の場合も、高かまっていた交感神経活動が低下し、低下していた副交感神経活動が高まります。これは、鍼刺激が副交感神経を興奮させ、ストレスに曝(さら)されていても交感神経の緊張を抑制して、損なわれていた胃腸運動を回復させることを示しています。
 「視床下部」から放出されるオキシドシンは、「副腎皮質刺激ホルモン放出因子;Corticotropin releasing facor(CRF)」の発現を阻止することで抗ストレス効果を発揮します。鍼治療の抗ストレス効果は、鍼が視床下部を刺激して、オキシドシンの発現が促され、それによって調整されているものと考えられます(図C)。慢性ストレス負荷後の鍼治療では、視床下部でオキシドシン細胞が増え、CRF細胞が減るのが確認されています。その結果、慢性ストレスに曝(さら)されていても、内臓の機能異常が見られなくなります。また「
強い不安感」「ストレスがうまく処理できない」「人をうまく付き合えない」などの特徴がある「外傷後ストレス障害;Posttraumatic stress disorder(PTSD)」ですが、最近の臨床試験の結果によると、こうした「外傷後ストレス障害」を罹(かか)った患者の治療にも、鍼治療が有効であることが報告されています。
 

足の三里にみられる鎮痛効果


 痛みを和らげる効果(鎮痛効果)には、オピオイドを放出する神経細胞の働きが重要です。脊髄から脳へ伝えられる「痛み」の情報は、延髄のレベルで「中脳水道周囲灰
 白質(Periaqueductal Gray;PAG」から放出されているオピオイド神経によって抑制を受けます。これを「オピオイドの下降性抑制」と呼んでいます。
 鍼治療による鎮痛効果は、鍼の刺激を受けて起こる内因性のオピオイドによって調整されていることが以前から確認されています。直腸の伸展による激しい痛みが、足三里(下肢)への電機鍼治療で減弱するとこは犬の実験で確認されていますが、オピオイド受容体の働きを抑える「ナロキソシン」を実験の前にあらかじめ投与しておくと、電気鍼の鎮痛効果が消失します。このことは、足三里への電気鍼治療で内臓痛が減弱するのは、中枢のオピオイド神経が働くことを意味しています(図b)。
(「公益法人 日本鍼灸師会」)



夏バテ&涼しくなり身体がだるいー秋バテ?

高温多湿の夏に体が対応できなくなり、なんとなく体がだるかったり、食欲不振になるなどの夏におこる体の不調が夏バテです。夏負けや暑気あたりとも呼ばれます。
 

 日常から考えられる原因

1.    室内外の温度差による自律神経の乱れ 
猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差は体力を消耗し、夏バテの原因になります。さらに冷房の効きすぎた部屋にいると、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなります。加えて、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、さらに食欲不振を招き、夏バテを引き起こします。
2.    高温多湿の環境による発汗の異常 
高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まり、発汗が困難になることがあります。それによって、体温調節がうまくいかなくなります。また、長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、体の水分が不足気味になり、夏バテを引き起こします。

夏バテの症状

1.    全身のだるさと疲労感 
夏バテの代表的な症状は、全身のだるさと疲労感です。なんとなく体がだるく、疲れが取れにくい日が続きます。また、暑さによって睡眠不足になり、そのためにさらにだるさや疲労感が増すという悪循環に陥ることもあります。
2.    食欲不振 自律神経の不調によって消化器の機能も低下し、食欲不振に陥り、体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招くことがあります。それによって、だるさや疲労感が増したり、無気力が増幅します。

夏バテが引き起こす疾患

1.    夏風邪 
夏バテによる免疫力の低下によって、夏風邪にかかることがあります。特徴は、冬の風邪と違って咳やたんはあまり出ないことが多く、のどの強い痛みと下痢を引き起こしやすいことです。それに加え、微熱が2~4日間続き全身がだるく倦怠感があります。汗をかきやすいので脱水症状への注意が必要です。
2.    夏バテの影に隠れていた疾患があらわれる 
夏バテで体力を消耗すると、食欲不振や不眠、疲れなどの影に隠れていた疾患が進行して、悪化する危険があります。夏バテが長引くようなときは、細心の注意が必要になります。(早めに医療機関の受診をお勧めします。)

日常生活でできる予防法

1.    栄養価の高い食品をたべる 
食欲が減退しがちな夏は、量より質に重点を置いた食事を取りましょう。とくに疲労回復に効果的な玄米、豚肉、ウナギ、豆類、ねぎ、山芋なのど良質なタンパク質、高エネルギー、高ビタミンの食材をしっかりとり入れましょう。
2.    室内での過ごし方の工夫 
室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなります。エアコンは温度をこまめに調節しましょう。自分でエアコンの温度調節ができないところでは、エアコンの風邪が直接当たれないように風向きなどを調節し、上着を羽織ったり、長いパンツをはくなど工夫をして体温調節をしましょう。
3.    ぐっすり眠ってその日の疲れを取る 
疲れを溜めないことが夏バテの一番の予防法です。なるべく早めの就寝時間を守ってぐっすりと眠り、その日の疲れをその日のうちに取り除きましょう。寝る30分~1時間前にぬるめのお風呂につかり、暑くて寝苦しいときは頭部を水枕で冷やすと、早めに寝付くことができるうえ、より一層深い眠りが得られます。
(共立女子大学名誉教授・医学博士 井上修二先生)

夏バテにはこのツボを押してみましょう!

中脘・・・・消化不良・胃痛・胃炎・胃下垂・疲れ
   ★みずおち上端と臍と結んだ中央
気海・・・・下腹の冷え・月経不順・頻尿
   ★臍の真下指2横指分下がったところ
足三里・・・疲れ・だるさ・食欲不振
   ★拇指と中指を開き膝の上縁に直角に当て、膝下の中指の尖端


                                       (CALENDAR  SEIRINより)
        

涼しくなり身体がだるい!ー秋バテ?

夏バテにならなかった方でも涼しくなると、全身のだるさ・食欲不振・疲れがとれない・
頭が重い・からだが熱く感じる等の不調を感じることがあります。
このような自律神経の変調に鍼灸治療をためしてみませんか?
鍼灸治療については、自律神経失調症をご覧下さい。

科学も認める《はりのチカラ》①

健康と自律神経・血液循環の関係について 


健康と自律神経・血液循環の関係について


 病気になったら病院へ行って薬をもらえば良くなる――そう信じて健康に生きる努力をしない人がいます。多くの人は健康で長生きしたいと思っています。ただ、そのために努力をしなければいけないと思う人は、そう多くありません。自家用車には定期的に車検があり、車の性能をチェックする必要があるこはよく知られています。しかし、体に関しては、病気(事故)になって初めてその必要性を認識する人がほとんどです。長年にわたり心臓外科医として多くの患者さんを診てきましたが、「なぜもっと
早く病気にならない努力をしてこなかったのか」と思わされることがしばしばです。そこで、病気にならないための体の性能チェック、アクションを考えてみたいと思います。
 

血液循環を改善する


 動脈、静脈、毛細血管まで含めると、人間の身体には地球2周半に届くほどの血管が張り巡らされています。血管によって心蔵、脳、肺、肝臓、腎臓といった臓器や手足に酸素、栄養素が運ばれて、老廃物もこの血管を通して排泄され処理されています。とりわけ動脈は、年齢が30歳を超えると次第に硬くなり、弾力性を失っていきます。そのため、年齢とともに高血圧や脳出血の危険性がましてしまします。また、高コレストロール血症や糖尿病などの代謝疾患があると、脳や心臓の冠動脈といった血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞といった病気になったり、足などの末梢動脈が詰まって難治性の潰瘍や痛みが生じたりします。時には足の切断も余儀なくされてしまします。
 では、どうすればよいのでしょうか。適度な有酸素運動が末梢循環を良くして、新陳代謝を改善することが知られています。血液の循環が良くなると手足が冷たい、体がだるいなどの症状が改善されますし、体の免疫力が良くなって風邪もひきにくくなり、帯状疱疹、がんといった病気にも耐性ができます。
 

自律神経を整える


 人間の身体には2種類の神経が張り巡されています。1つは手足、目、首を動かす神経(随意神経)であり、もう1つは自分の意志では動書かすことができない神経(不随神経)です。後者は、神経が人の意志から独り立ちしていることから”自律神経”と名付けられています。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、それぞれ相反する働きを持っています。
 例えば適度な交感神経の刺激は、心蔵の動きを速くします。血管が収縮するので、当然血圧は上昇します。それがアドレナリンの分泌tを促し、体の働きを活発にするのに役立つのです。それに伴い、今度は不交感神経を受けて血管が拡がり、血液の循環が良くなります。その結果、血液やリンパの流れも良くなり、体の抵抗力が増して健康につながっていきます。
 

体のバランスを保つ


 人の自律神経は車に例えればアクセルとブレーキのようなものです。体を能動的に動かそうとすれアクセルである交感神経が働き、休もうとすればブレーキの役割をする副交感神経が働きます。車の場合には運転手が足でアクセルやブレーキを調整し、適正な速度を保ちながら走らせますが、人間の場合は生まれつき体に備わっている自律神経が「五感」「感情」といった高性能なセンサーで自動的に働き、時に早く時にゆっくり作用して体のバランス(ホメオスタシス)を保ちながら、健康な体の維持に役立っています。
 

鍼灸治療で血液循環の改善を


 肩こりや足腰の痛みは血液循環が悪いことで起こっていることが少なからずあります。マッサージちいった施術でも筋肉や関節などの緊張を解すことで痛みを軽減できますが、鍼灸治療で末梢循環を改善すれば更に大きな効果が期待できます。

(『公益法人 日本鍼灸師会』発行)

 

1

メインページ | アーカイブ | 産後うつ »