HOME > 初めての方へ

初めての方へ

鍼灸による"身体の不調"の改善

当院では、心身の不調を「鍼」と「灸」の施術により、
「心身を動かすエネルギー(気血)」の通路(ネットワーク)である「経絡」の滞りを潤滑に流れるよう改善し、
身体を「内側」から整えることで身体の不調を調えていきます。

身体の調子を整えることで、五臓がやどしている精気(生命力)と神気(精神活動)が全身にみなぎり、
日々のストレスに柔軟に対応できるようにすることを目指していきます。

鍼

皮膚に髪の毛ほどの太さしかない、非常に細い「鍼」を接触させて行う施術方法です。
必要に応じて浅く刺入する施術方法を行うこともあります。

灸

主に知熱灸(じんわりとした熱さを感じたら取る)の施術方法です。
必要に応じて点灸(糸状あるいは半米粒大)での施術方法も行います。


当院の特徴
経絡治療

経絡治療は、身体の一部だけでなく全体を治療します。
そのために「望診・聞診・問診・触診(切診)」により経絡治療の手段と方法を決めます。
特に、初診の時は問診に時間をかけ、症状や生活習慣等について丁寧に伺います。

望診

望診

患者様の身体全体をから、神気(生命力)、
五色(皮膚の色)形態を観察することです。

神気の充実や衰退は、眼光(眼の光)の勢いの程度、顔面の色調と光沢、皮膚の光沢と濃淡やくすみ、
身体の形態(姿勢や動作)などで判断して、
それを治療に反映させます。

聞診

聞診

患者様の身体から発せられる音や臭いを
観察する方法です。

声に力が有るか無いか、低い声や小さい声、
高い声や大きい声などにより虚実を判断していきます。

体臭や口臭も診察の参考にします。

問診

問診

患者様が最も苦痛を感じている症状(主訴)や
その状態などについて、お尋ねする方法です。

疾病の発生や進行、変化、治療経過、随伴症状、
既往歴など、主訴と関連する情報を詳しく集めて
病態把握の根拠とし、的確な診断・治療に
つなげていきます。

触診(切診)

触診(切診)

触診(切診)は、脈をみる方法と
体表に触れてみる方法に分けられます。

体表をみる;
背中や腰、お腹、手足の寒熱、潤燥、膨隆、
緊張、軟弱、硬結、圧痛などを診ます。

脈診;手首の拍動に指をあて、拍動の強さや弱さ、
浮き沈み、速いか遅いかなどを把握して
病が深いか浅いか、進んでいるか、
予後はどうかをうかがいます。


経絡治療の二大特徴

経絡治療は、部分ではなく、カラダ全体を治療します。

「心身を動かすエネルギー(気血)」の通路(ネットワーク)を
経絡と、その経絡上の重要なツボを鍼と灸を用いて、
カラダを内から調えていきます。

1.身体の内側から整えます。

五臓のはたらきを調え、その人の持っている力(自然治癒力)を高めます。

五臓とは、肝・心・脾・肺・腎の5つを指し、五臓には精神的な働きをする七神(魂、神、意、智、魄、精、志)と感情的な働きをする七情(努、喜、驚、思、憂、悲、恐)があると中国伝統医学では考えています。

この七情のバランスが崩れると病を引き起こします。また、環境による風・熱・寒・湿・燥の影響を受けて病が生じるといわれています。

2.鍼と灸でエネルギー(気血)の流れ良くします。

体表面にあるツボは、経絡(ネットワーク)により五臓(内臓)に通じています。五臓のはたらきがカラダ(心身)の表面に現れてくる反応点を「ツボ」と呼びます。

ツボは「内臓の鏡」であるとも言われます。反応点があるツボを、太さが髪の毛ほどしかない鍼で微細な刺激を与え、さらにお灸で温めることによってエネルギー(気血)の流れ良くします。

当院のお灸は、熱さを感じたら取る知熱灸を主に使用します。


ご来院当日の流れ

ご予約

当院では、完全予約制のため、必ず事前にお電話かお問合せフォームにてご予約をお願いいたします。
ご予約頂ければ17:00以降でも診療いたします。

ご来院

「こんにちは」「お待ちしておりました。」「どうぞお上がり下さい。」

予診表記入

施術を受ける前に、個室にて予診表の記入をお願いしております。
個室で改めて自身の抱える症状がどのようなものか、ゆっくりと振り返れるような環境作りをしております。

問診

この問診で「望診・聞診」も同時に行います。
患者様とのコミュニケーションを大切にしているので、時間をかけ、じっくり丁寧に問診していきます。
その問診から症状や原因をくみ取り、どのような施術にするかなどを見極めていきます。

女性鍼灸師からの問診

また、この段階で原因や症状が「女性疾患」だった場合、女性鍼灸師からの問診もさせて頂きます。
実は患者様ご本人が気づいていなくても、その症状や原因は「女性疾患」特有のものであった、なんてこともありますので、ぜひ心当たりがあったり不安な場合はご相談ください。

お着換え

当院では施術前に治療着へのお着換えをご用意しております。

女性の場合、スカートなどで来院してしまっても、こちらで貸し出し用の治療着をご用意しておりますので、服装は気にせずにご来院くださいませ。

鍼灸についての説明

初めての方には、「鍼灸とはどういう施術なのか」「どういった器具を使用するのか」などを説明させて頂いてからベットへ横になっていただきます。
少しでも鍼灸に対しての不安感、恐怖心を軽減させるためにも何か気になることがございましたらお気軽にお尋ねください。

脈診

問診にプラスして、当院では施術前に脈診を行います。
望診・聞診・問診によって得た情報を脈診によって確かめ、治療の手段と方法を見いだします。また脈診だけでなく、腹診と背診も行います。

鍼による施術

当院では髪の毛の太さほどしかない、とても細い鍼で施術を行います。こちらの鍼はディスポーザブルタイプ(使い捨て)ですので、感染の心配はございません。
基本的には微細な刺激を与える施術ですが、必要に応じて浅く刺入する施術を行います。

灸による施術

モグサを用いた知熱灸(じんわりとした熱さを感じたら取る)という灸の施術を行います。
はじめは何も感じませんが、モグサに線香で火をつけるとじんわりとした熱さを感じられるようになります。
熱さを感じた際に申し出て頂いて、取り除くといった流れです。

お見送り

全ての施術が終了いたしましたら、治療着からお着換えいただきます。
当院では予後や治療計画の説明、養生などのアドバイスをいたします。次回のご予約の日程などもご検討頂ければと思います。 その後、お見送りをさせていただきます。

またのご来院をお待ちしています!

ご注意点

来院される前に以下のことにご注意下さい

●飲酒されての来院は、治療できません。
●初診時は来院されてからお帰りになるまで、約1時間半ほどお時間を頂戴することがございます。
●症状に応じた鍼灸治療、灸治療を行います。(状態によって治療時間は異なります。)

あらかじめお時間に余裕をもってご予約下さい

●患者様からのご紹介の方を優先させて頂きます。
●ご予約のキャンセル、変更は前日までにお願い致します。


お問い合わせはこちら

受付時間:10:00-17:00(完全予約制)
休診日:水曜・日曜
※ご予約いただければ17:00以降でも診療可能です。

スタッフ
料金案内
よくある質問