HOME > 耳よりな話 > 産後うつ > 産後うつ・腱鞘炎・ばね指

耳よりな話

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

産後うつ・腱鞘炎・ばね指

産後うつ




 産後のママさんが
  ・理由が分からないのに、悲しくて、涙がでる。 
  ・不安感がある。 
  ・くび・肩がコル。 
  ・落ち着きがなくなり、ジッとしていられない。
  ・夢が多く、よく眠られない。
  ・食欲がでない。水も飲みたくない。
  ・出産して、喜び、幸せを感じるときなのに、どうしてこうなんでしょう?
 と来院されました。

食欲が出て、水分が取れることを目標にしましょう


 食欲がなく、水分をあまり取りたくないため、十分な授乳が出来ないようです。
 そこで、
 「食欲が出て、水分が取れるようになること目標に治療しましょう。そうすると不安感もなくなってきます。」
 と話し治療を始めました。
 1~3回目の治療から、肩こり・悲しくなる・不安感・夢が少なくなり、眠れるようになりました。
 4回目にお出でになった時には、
 「食欲が普通にもどり、不安感もなくなりました。一ヶ月検診を無事に終わりました。」
 と赤ちゃんを抱いて来院されました。
 「かわいいですね!」
 とお母さんは、幸せの笑顔で溢れていました。
very very Happy!

  「小さない生命ですが、赤ちゃんの一つ一つのしぐさは私たちをハッピーにしてくれますね!」
  と話し、喜びを共有することが出来ました。
  治療室は、赤ちゃんとお母さんの笑顔で満たさ very very Happy な一日でした。


●腱鞘炎・ばね指



産後、腱鞘炎でお悩みのママさんが来院されて
「右手首の痛みのため、整形外科を受診し、腱鞘炎と言われました。しかし、授乳に影響するため、湿布も出ないんです。鍼灸がいいと聞きました。」
右手を出されました。
「どのような動作の時、痛いですか?」
とお尋ねすると
「赤ちゃんを抱っこすると痛くなり、長く抱っこしていられません。手首を動かすと痛いです!」
「それは、辛いですね!育児に支障が出るので、お困りでしょう。鍼灸は適応です。」
と話すとホッとされて、治療を始めました。
このママさんは、数回の治療で改善されました。

腱鞘炎は、出産後の身体の状態と関係があります。
東洋医学では、血の道とも言われます。
出産により、血の消耗が多かったため、血が少なくなっています。
ですから、痛い手首の部分を治療するだけでは、なかなか楽になりません。

経絡治療は、血虚(血の消耗)を補い、身体全体を整えます。そのために、はりを軽く接触する施術と知熱灸(小指ぐらいの大きさ、温かくなったら取る)を使います。
もちろん肩も背中も凝っているので、そこも施術します。

お灸で、逆子が治った方もいらっしゃいます。

「ばね指」も鍼灸の適応症です。
 

カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >